BSB第3戦決勝:清成は第2レースで4位。加賀山は転倒で第2レースを欠場

オールトンパークで開催されたイギリススーパーバイク選手権第3戦の決勝が終わった。

清成龍一は第1レースはメカニカルトラブルでリタイア。だが、そのレースでマークしたファステストラップで第2レースはポールポジションからのスタート。その第2レースは開始約1時間前から降り出した雨でウェット宣言。しかし、スタート直前に雨があがり、コースは乾き出す難しいコンディション。清成はホールショットを決めたが、徐々に後退。4位でレースを終えた。

加賀山就臣は第1レースのスタートでクラッチトラブル見舞われ、大きく後退。20番手あたりで第1コーナーに入っていた。自分よりも遅いペースの集団の中で身動きが取れない加賀山はオープニングラップの第3コーナーで転倒。背中を強打し、そのまま市内の病院に搬送された。本人は意識もしっかりとしているが、現在はその病院で精密検査を受けている。この転倒で、決勝第2レースは欠場した。

Comments are closed.