BSB第3戦予選-清成6番手、加賀山7番手

セッティングが決まった清成

曇り模様の中で開催されたイギリススーパーバイク選手権(BSB)第3戦オウルトンパーク。気温9度、路面温度12度と寒い中での予選となった。

清成龍一(HM Plant Honda)と加賀山就臣(Worx Crescent Suzuki)はQ1からふたりともに順調に周回を重ね、Q3まで進出を果たした。Q3では清成が1’36.224で予選6番手。加賀山は1’36.359で予選7番手。明日の決勝は2列目からふたり並んでのスタートとなった。

清成はQ3の最後のタイムアタックで自己ベストのペースで走っていたが、遅いライダーに引っかかり、このラップを断念していた。本人は35秒台が見えた周回だったとコメントをしている。セッティングも決まったので、明日の決勝が楽しみだ。

加賀山に関してもQ3最後のアタックで自己ベストペースで走行。しかし、シケインでハイサイドをしそうになり、アタックを中止した。加賀山はこの週末に入ってから、フロントのグリップ不足に悩まされている。そのグリップ力を上げるセッティングに専念しているが、この予選でもまだその症状は解消されていなかった。明日の決勝はこの問題の解消が鍵になる。

フロントのグリップ不足解消が決勝の鍵

明日の決勝日のタイムスケジュールは下記の通り:

【ウォームアップ】17:20〜17:35
【レース1/18LAPS】21:00〜
【レース2/18LAPS】24:25〜
(時間はすべて日本時間)

Comments are closed.