清成龍一、鈴鹿8時間耐久レースに出場決定

Ryuichi Kiyonari

ブリティッシュスーパーバイク選手権(BSB)に参戦中の清成龍一がこの度、2015 FIM世界耐久選手権シリーズ第2戦 “コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第38回大会に出場が決定したことをここに発表させていただきます。

清成が出場するのは#17 Team KAGAYAMA。チームオーナー兼ライダーの加賀山就臣から2年越しの熱烈なラブコールに応える形で参戦が決まりました。清成は現在BSBにてBMWを駆る、Buildbase BMWに所属。その母体となるHawk Racingのスチュアート・ヒッケン代表、そして清成のチーフメカニックを務めるスティーブ・ヒッケンの快諾を得ての出場となります。スティーブ氏は鈴鹿8耐に来場をし、清成のサポートをする予定です。清成にとって、SUZUKI GSX-R1000を乗るのは初めてです。

今年の#17 Team KAGAYAMAは、昨年、一昨年に引き続き加賀山就臣と芳賀紀行が参戦。ここに清成龍一が加わり、優勝を目指します。チームは鈴鹿8耐初参戦となった2013年、そして2年目となる2014年を連続3位表彰台を獲得。加賀山、芳賀、そして清成で鈴鹿8耐通算6勝、スーパーバイク世界選手権で通算50勝。メーカーの枠を超えた、まさにドリームチームでチーム初優勝を狙います。また、清成自身は鈴鹿8耐最多優勝タイ記録となる、5回目の優勝を目指します。

清成は7月3日〜5日、ノックヒルで開催されるBSB第5戦に出場した直後に帰国。チームと合流をして、7月7日〜8日、鈴鹿サーキットで開催される、鈴鹿8耐合同テストに参加する予定です。

2015 FIM世界耐久選手権シリーズ第2戦 “コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第38回大会は7月23日〜26日、三重県・鈴鹿サーキットで開催いたします。

清成龍一
「就臣さんに呼ばれて、そしてイギリスのチームも快く送り出してくれることになり、本当に嬉しいです。鈴鹿8耐は久しぶりですし、SUZUKI GSX-R1000に乗るのも初めてですが、百戦錬磨の先輩たちに引っ張ってもらいながら、優勝に貢献できればと思っています。また、日本のファンのみなさんにも久しぶりに会えるので、今からとても楽しみです。応援よろしくお願いいたします」

加賀山就臣
「今年は世界で活躍し、8耐4回の優勝経験者、龍一を加え世界43勝男・紀行と3人で優勝を狙いたいと思います。ワールドスーパーバイクでも戦い、三者とも優勝経験者(計50勝)、世界レベルの底力を見せたいですね!WSB時代にバチバチのライバルだった3人がチームメイトになりました、不思議ですね!私のオファーに応えてくれた二人に感謝します。自身としても2007年以来の優勝を目指します。」

Team KAGAYAMA SUZUKI GSX-R1000 (全日本仕様)

Team KAGAYAMA SUZUKI GSX-R1000 (全日本仕様)