Koichiro Ishii

NASCAR Weekly Series
石井浩一郎
KOICHIRO ISHII
レースカードライバー


生年月日 : 1974年6月15日

石井は小学校5年生の時に、ロードレース世界選手権のテレビ中継でたまたま観た、フレディ・スペンサーとケニー・ロバーツとのバトルに魅了され、レースに興味を持った。2輪、ラリーのナビゲーター、S耐、FJ1600と様々なカテゴリーに挑戦してきた。様々な逆境に耐え、今はNASCAR参戦に向けて活動中。

石井浩一郎公式サイトはこちら→
公式ブログはこちら→

レース・プロフィール

1989 高校入学と同時期にミニバイクレースに参戦 (NSR50・HI-UPR)
1990 中古のレーシングバイクRS125を購入、仙台のサーキットで練習を重ねる。
1991 ミニバイク耐久レースに参戦。
1992 トレーニングとしてモトクロスバイクを購入。
1993 NSR250SPにてレース参戦準備 (筑波サーキット)
1994 諸事情によりレース参戦見送り。メカニックとして参戦。
1995 エリア選手権ロードレースのチーフメカニックとして参戦。
1996 TEAM SAKURAI HONDAのスーパーバイク担当メカニックで参戦
1997 市販レーシングマシンRS125を購入し参戦準備。 (筑波サーキット)諸事情にて以降参戦中止。レース活動中止
1998 企業スポンサーと縁ありスーパーバイクレースに参戦。
グランドスラム4・MTクラス参戦。(筑波サーキット)予選通過するも、最終コーナーで大クラッシュ。この年の12月一般道を自動車で走行中に事故に巻き込まれ負傷。この怪我で、右手・右足が麻痺。
1999 長いリハビリ生活からカムバック
グランドスラム4・MTクラス参戦。(筑波サーキット)
予選通過はしたがメカニカルトラブルでリタイア。
2000 北海道十勝インターナショナルスピードウェイにて4輪A級ライセンス取得
2輪耐久レースにエントリー
茂木7時間耐久レース参戦(VTR-1000SP)TEAM TUBE RIDERS
フリー走行中に事故で傷めた右半身の怪我を再発させてしまう。耐久レースので走らないとリタイアになってしまう為、痛み止めを飲みながら走行し予選13位。決勝34位という結果を残す。
2001 怪我のリハビリと仕事、スポンサー活動に専念。
雑誌取材など受ける。(PC-Fan 4月号にてインタビュー記事掲載)
2002 怪我も順調に回復し、4輪フォーミュラーカーにて練習再開。(ツインリンクもてぎ)
2輪レーシングスーツ クシタニのモデルとして活動。
4輪ホイール協会 プロモーションビデオのドライバーモデルとして活動。
2003 4輪ラリー アジアクロスカントリーラリーに参戦(タイランド~マレーシア)のべ1週間の耐久レースを制覇し初参戦初優勝の快挙を遂げる。
T1―Dieselクラス優勝。
日本テレビ Mobiに出演(3回)
2004 4輪スーパー耐久シリーズにチームを作り参戦。
第一戦 ツインリンク茂木にてクラス優勝。
諸事情により以降参戦中止。
2005 仕事・スポンサー活動に専念。
ニフティーの企画により軽自動車の12時間耐久に参戦。決勝90台中74位
2006 同年もニフティーの企画の耐久レースに参戦。
K4-GP 冬の9時間耐久参戦。
K4-GP 夏の陣耐久レースに参戦。
2007 アジアクロスカントリーラリーに参戦。
ノーマルガソリンクラス 5位。


Comments are closed.