Speed of Japan News

no image

玉田、予選1回目は20番手

March 27, 2010 | 0 Comments

FIMスーパーバイク世界選手権第2戦に参戦している玉田誠だが、初日セッティングが定まらず、苦労をしているよう。 マシンが暴れる症状に苦しめられている。原因は電子制御システムのパーツがすべて揃っていないためのよう。玉田は苦しみながらも、予選セッション最後に1’45.522に入れて、どうにかスーパーポール出場圏内の20番手に入った。玉田はこれからチームとデータなどを解析し、明日の予選2回目に向けたセッティングを詰めて行く予定。 明日予定されている、予選2回目は日本時間の午後7時45分から開始する。...

Read More →

週末開催されるFIMスーパーバイク世界選手権第2戦にTeam Reitwagen BMWから参戦する玉田誠は、同チームとヘレス・サーキットで事前テストを行った。 ...

Read More →

インディカーシリーズが開幕

March 12, 2010 | 0 Comments

今週末、いよいよインディカーシリーズが開幕する。その開幕戦の舞台となるのが、インディカー初のブラジルでの開催。日本に続いて2番目の海外戦となる。コースはサンパウロ市内に設けられたストリートコース。75周/195マイルで戦われる。...

Read More →

玉田、HYODと契約

March 7, 2010 | 0 Comments

玉田誠 HYODヒョウドウプロダクツとの契約について 今季もまたFIMスーパーバイク世界選手権シリーズに参戦する玉田誠は、株式会社ヒョウドウプロダクツ(本社:静岡県浜松市)とライディングスーツ契約を交わした事を発表させていただきます。 株式会社ヒョウドウプロダクツはHYODとして親しまれ、国内外で活躍する数多くのトップライダーが着用しているライディングスーツのトップメーカーです。 玉田はライディングスーツ以外にもライディンググローブも同メーカーの製品を着用いたします。 玉田誠 「今年はHONDAに復活をし、ライダーとして原点に戻りたいことから、全日本選手権時代からお世話になっているヒョウドウさんと契約ができ、大変嬉しく思っております。HYODを着るのは初めてですが、昔から懇意にして頂いていたので、とても心強いです」...

Read More →

宮崎敦参戦体制

March 2, 2010 | 0 Comments

宮崎敦 2010年シーズン全日本ロードレース選手権参戦体制について 今季で全日本ロードレース選手権シリーズに初参戦から22年目を迎える宮崎敦の参戦体制が決定致しました。今季は伊藤レーシングGMDスズカに所属し、ST600クラスに参戦を致します。マシンはYAMAHA YZF-R6。タイヤはBRIDGESTONEを使用いたします。 宮崎はST600クラスに2004年から参戦。今季が6年目の参戦となります。2008年と2009年は自らチームを立ち上げ、2008年には同クラスランキング2位、昨年は第3戦オートポリスラウンドでポールポジションを獲得するなど活躍をしております。 今季は伊藤レーシングGMDスズカに所属。シリーズタイトル獲得を目指します。 また、チームは現在GP2マシンを開発中。シリーズ後半の新設のJ-GP2クラスへの参戦も視野に入れたマシン開発をする予定です。 2010MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ開幕戦は、4月3日(土)~4日(日)、茨城県・筑波サーキットで開催されます。 記 チーム : 伊藤レーシングGMDスズカ 参戦クラス: ST600 マシン : YAMAHA YZF-R6 タイヤ : BRIDGESTONE ナンバー : 未定 宮崎敦 「今シーズンの色々な参戦方法を模索しましたが、オファーを頂いた伊藤レーシングGMDスズカとジョイントして参戦する事になりました。ここ2シーズンは自己運営のチームでの参戦でしたが、今シーズンはキャリアのあるレーシングチームからの参戦なので、チーム力を期待しレーシングライダーとしてのパフォーマンスをより一層発揮出来るシーズンにしたいですね。皆さん応援よろしくお願いします!」 伊藤巧、チームオーナー兼監督 「宮崎選手のようなベテランが加入した事に大変嬉しく思っております。彼の持つ開発技術をフルに活かせたシーズンにしたいと思います。今年のオートポリス戦後にはGP2マシンを走らせる予定でいますので、宮崎選手には開発にも協力してもらう予定です」...

Read More →

玉田誠、開幕戦は欠場

February 19, 2010 | 0 Comments

2月26日~28日にオーストラリア・フィリップアイランドで開幕を迎えるFIMスーパーバイク世界選手権シリーズ。この開幕戦に向けて、準備と調整をしていた玉田と所属するPro Ride World Superbikeですが、マシンの準備などが遅れ、欠場することになりました事をチームが発表いたしました。 まだパーツがすべて用意できておらず、チームはこれで出場しても戦闘力がないだけではなく、危険でもあると判断。玉田と協議した結果、開幕戦は欠場すると言う結果になりました。 オーストラリアに行くために、日本で待機していた玉田は、近々ヨーロッパに向かいチームと合流。3月末にポルトガル・ポルティマオで開催されるシリーズ第2戦に向けた調整を行う予定です。 玉田誠 「非常に残念ですが、チームの判断は正しいと思っています。フィリップアイランドは好きなサーキットですし、毎年オーストラリアに行くことを楽しみにしていたので、残念です。ポルティマオが開幕になりますが、そこで頑張りたいと思います」 マルコ・ニコターリ、チーム代表兼チーフ・エンジニア 「フィリップアイランドは好きなサーキットで、自信もあったので残念です。個人的には行きたい気持ちはありますが、チームの責任者として、責任ある判断をしたと思っています」...

Read More →

「Racing for Haiti」を発足

January 26, 2010 | 0 Comments

この度、ハイチ大地震で被災された方々の義援を目的に、「Racing for Haiti」プロジェクトを発足した事を発表させて頂きます。 プロジェクトの内容としては、レーサーたちのサイン入りグッズなどをチャリティ・オークションに出品し、その収益金を日本赤十字社を通して、被災地に寄付をいたします。また、Speed of Japanや所属選手のウェブサイトなどで義援金の受付をいたします。 このプロジェクトにはSpeed of Japan所属選手はもちろん、所属選手以外の日本人レーサーの皆様にも多数参加して頂く予定です。 オークション方法は「サイレントオークション」を採用。これはウェブサイトに掲載された出品物を専用フォームにて入札。他の人がいくらで入札したかは解らず、最終的に一番高く入札された方が落札すると言う方法です。お一人様何度も入札できます。 【Racing for Haiti サイレントオークション詳細】 出品物掲載URL: http://speedofjapan.com/blog/?page_id=459 出品掲載開始日: 2010年1月29日 入札開始日:2010年2月1日 入札終了日:2010年2月7日 落札者発表日:2010年2月10日 <一部参加予定選手> (以下順不同) 4輪 本山 哲 SUPER GTシリーズ 松浦孝亮 インディカーシリーズ、スーパー耐久 野田英樹 ルマンシリーズ ロジャー安川 インディカーシリーズ 石井浩一郎 NASCARウィークリーシリーズ...

Read More →

安川 デイトナ24に出場

January 26, 2010 | 0 Comments

デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ(アメリカ・フロリダ州)において、1月28日から1月31日まで開催されるデイトナ24時間レース「Rolex 24 at Daytona」に参戦することが決定いたしましたので、ここにご報告させて頂きます。 参戦が決定したのは、安川がフェラーリ・チャレンジでドライバーコーチを担当しているジーン・シーガルがオーナーを努めるシーガルスポーツ。マシンはフェラーリ430チャレンジ、タイヤはピレリ。参戦クラスはGTクラスとなります。カーナンバーは#08です。チームメイトにはジーン・シーガル、フレッド・プアダッド、そしてラスティ・ウェストになります。 安川にとって、デイトナ24時間レースに参戦するのは2007年以来2回目。3年ぶりの参戦となります。 記 チーム:Sigalsport チームオーナー:Gene Sigal チームメイト:Gene Sigal, Fred Poordad, Rusty West マシン:Ferrari 430 Challenge タイヤ:PIRELLI ナンバー:08 ロジャー安川コメント 「3年振りにデイトナ24時間レースへの参戦が決まって、喜んでいます。前回の参戦では、満足のいく走りができなかったのですが、今回はGTクラスにフェラーリ430での参戦となります。レーシングドライバーとして、フェラーリでレースに参戦できる事はとても光栄な事です。レースをしていない時は、フェラーリチャレンジに参戦するドライバーのコーチもしているので、その経験が今回のレースに活かされるとよいなと思っています。長いレースなので色々なチャレンジはあると思いますが,チェッカーフラッグ目指して全力で走りたいと思います!」...

Read More →

玉田 ゼッケンは「49」に決定

January 26, 2010 | 0 Comments

玉田誠が今季のスーパーバイク世界選手権にPro Ride World Superbikeからの参戦を発表させて頂きました今季使用するゼッケンが決まりました事を報告させて頂きます。 ゼッケンは「49」に決定致しました。この「49」のゼッケンは玉田が2001年にSUGOサーキットで開催されたスーパーバイク世界選手権にスポット参戦をし、ダブルウィンを果たした時に使用したゼッケンであります。原点に戻り、一から出直すと言う意味でこのゼッケンを選択いたしました。 記 チーム:Pro Ride World Superbike マシン:HONDA CBR1000RR タイヤ:PIRELLI ナンバー:49 玉田誠コメント 「今年からHONDAに復帰したので、原点に戻りたいと言う意味から「49」を選びました。参戦が決まって、HONDAやHRCに挨拶に行ったのですが、ふるさとに戻ったときのような暖かい、そして落ち着く気持ちを感じました。今年は心機一転、心を入れ替えて、頂点を目指したいと思っています」...

Read More →

清成龍一、古巣HM PLANT HONDAと契約

December 22, 2009 | 0 Comments

来季はブリッティシュ・スーパーバイク選手権に参戦 古巣HM PLANT HONDAと契約 2008年からスーパーバイク世界選手権(WSB)に参戦した清成龍一が、2010年シーズンはブリティッシュ・スーパーバイク選手権(BSB)に参戦することが決定しましたので発表させていただきます。参戦するチームは清成がBSB時代に2年連続でチャンピオンを獲得した古巣HM PLANT HONDAです。契約期間は1年です。 BSBはナショナル・チャンピオンシップの中でも高いレベルのライダーが在籍しており、タイヤもピレリ社のワンメイクとなっているなど、レギュレーション面でも最もWSBに近いシリーズとされています。 HM PLANT HONDAは、HONDAのファクトリーチームとしてBSBで長年に渡りチャンピオンを輩出してきており、清成も2006年と2007年に2年連続でタイトルを獲得しています。チームスタッフも清成が参戦していた頃とほとんど変わっておらず、お互いに信頼できる関係が出来上がっています。今年の9月に代役でこのチームからスポット参戦した時から、清成はチームから熱いラブコールを受けていました。WSB参戦の数チームからもオファーをいただいておりましたが、まったく知らないチームより、気心の知れたチームとやりたいという清成の希望もあり、今回の契約に至りました。従って、開幕から優勝を狙える体制でシリーズタイトル獲得を目指します。チームメイトにはジョッシュ・ブルックスが決まっています。 マシンはHONDA CBR1000RR FIREBLADE、タイヤはピレリ、ゼッケンは#8に決定しました。 記 チーム : HM PLANT HONDA マシン : HONDA CBR1000RR FIREBLADE タイヤ : PIRELLI ナンバー : 8 清成龍一コメント 「来季からまたHM PLANT HONDAとレースが出来ることになり、本当に嬉しく思っています。9月にスポット参戦した時にBSBが高いレベルだということは再認識しました。今回の契約を可能にしてくれたチーム、HONDA、そしてスポンサーの皆様に感謝しています。来季は必ずタイトルを獲り、応援してくれているファンのみんなに恩返しができるように頑張ります」...

Read More →