浦本修充、SDG Honda Racingからの鈴鹿8耐参戦が決定

Published On 06/20/2022 | 2 Wheels, Naomichi Uramoto, Speed of Japan News

Naomichi Uramoto Media Information | 06.20.2022

レーシングライダーである浦本修充は8月4日から8月7日まで三重県鈴鹿サーキットで開催される「2022年FIM世界耐久選手権 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会」の参戦が決定した事をここに発表いたします。

参戦するチームは「SDG Honda Racing」。母体となるHarc-Proは浦本が全日本ロードレース選手権で参戦していた古巣でもあります。浦本にとっては2018年以来4年ぶりの鈴鹿8耐参戦になります。

チームメイトには名越哲平選手と榎戸育寛選手。3人体制で優勝を目指します。

マシンはHonda CBR1000RR-R。タイヤはブリジストン。ゼッケンは#73を予定しております。

「2022年FIM世界耐久選手権 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会」は2022年8月4日〜7日、三重県・鈴鹿サーキットで開催される予定です。

浦本修充
「鈴鹿8耐が今年は開催されることを大変嬉しく思い、開催に向けて多大な尽力をされた関係者の皆様に心から感謝申し上げます。今年からHONDAに復帰し、SDG Honda Racingから参戦することになり、大変光栄に思います。自分を育てたくれたチームでまた走れることにとても嬉しく思うと同時に責任感を感じてます。成長した自分を見せて行きたいと思っています。事前テストでもいい感触を得ているので、とても安心です。日本のファンの前でレースをするのは久しぶりなので、精一杯頑張り、優勝を目指したいと思います。SDG Honda Racingの応援宜しくお願い申し上げます!」


参戦レース: 2022年FIM世界耐久選手権 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会
参戦チーム: SDG Honda Racing
ゼッケン: #73
チーム監督: 本田重樹
ライダー: 名越哲平  榎戸育寛  浦本修充
マシン: HONDA CBR1000RR-R
タイヤ: ブリヂストン