野田英樹、開幕戦初日は苦戦

Published On 04/10/2010 | 4 Wheels, Hideki Noda, Speed of Japan News

(c)Project Royal Oak

マニクールサーキットで開幕したルマン・シリーズ開幕戦に出場している野田英樹。その初日はトラブルが続き、問題の解決に時間を要した結果となった。

今季で3年目となるKruse Schiller Motorsport(KSM)からの参戦となる野田。今季からエンジンをJudd製に変更。パワーアップを図った。シャーシはLola製と同じだが、新たなパーツを多数導入。マシンのシェークダウンはテストでお来なかったが、テストはこの1回のみ。まだ、調整などが必要な状態である。

フリー走行1回目では1’56.938と総合22番手、クラス10番手。だが、フリー走行2回目ではスタート直後にトラブルが発生。わずか2周でこのセッションを終えることになった。

開催2日目はフリー走行3回目と予選が行われる予定。

Comments are closed.