清成龍一、鈴鹿8耐参戦体制が発表

Published On 06/28/2018 | 2 Wheels, Ryuichi Kiyonari, Speed of Japan News

(2017鈴鹿8耐)

 

清成龍一がMFJ全日本ロードレース選手権で参戦しておりますモリワキレーシングから「2017-2018 FIM世界耐久選手権最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会」への参戦体制が発表になりましたことをご報告させて頂きます。

今回の参戦となる「KYB MORIWAKI MOTUL RACING」は全日本で清成と共に戦う高橋裕紀選手、そして昨年も同チームから鈴鹿8耐に参戦をし、現在ブリティッシュスーパーバイク選手権(BSB)にてHonda Racingから参戦をしておりますダン・リフット選手が今年も参戦。この二人に加え、清成龍一の3名体制で今年も参戦することが発表されました。

清成はこれで通算13回目の鈴鹿8耐となり、8耐最多優勝回数に並ぶ5回目の優勝を目指します。

2018年度 モリワキレーシング鈴鹿8耐参戦体制
チーム: KYB MORIWAKI MOTUL RACING
ゼッケン: #19
ライダー: 高橋裕紀/ダン・リンフット/清成龍一
総監督: 森脇 護
チームマネージャー: 森脇 緑
マシン: HONDA CBR1000RR モリワキ改
タイヤ: PIRELLI

清成龍一
「2017年から初めてKYBサスペンションでレースを戦いました。久しぶりの日本のレースで新しい事 づくめの昨シーズンは強力なサポートのお陰でポジディブにレースと向かい合う事が出来、感謝して います。今年の鈴鹿8耐より更なるサポートを頂けるとの事で、一層頑張らなくてはいけないと気が 引き締まる思いです。優勝はまだないのですが、いい走りが出来ていると思います。これからも全力で 戦い、一緒に結果を出していきたいと思います。」

森脇 護総監督
「2008年度より開発を開始した世界最高峰二輪車レース 、MotoGP/Moto2用モリワキオリジナルレーシングシャーシMD600の開発時から共に戦ってきたKYB様との協力体制が更に強固になった事を本当に嬉しく思います 。今回2018年度の鈴鹿8耐からスタートとなりますが、継続して全日本ロードレース選手権にも飛躍し続けるKYB製サスペンションの力もお借りし、今まで多くのお力添え を頂いている多くのパートナーと共に優勝を目指して参ります。」