丸山晄一郎、悲願のレースは雨で中止

Published On 03/25/2018 | 4 Wheels, Koichiro Ishii

NASCAR参戦を目標に9年間活動をして来た丸山晄一郎は念願のレース参戦が決まり、NASCARの多くのスターを産んだヒッコリーモータースピードウェイに到着。参戦するのはNASCAR WHELEN ALL-AMERICAN SERIESのレイトモデルクラス。全米の各サーキットで開催されており、NASCARの入門シリーズ。レースは3月24日のワンデーで開催される予定であり、決勝は午後7時からのナイトレースで開催される予定であった。

そのレース前日に丸山は100周の事前テストを行った。すでにここヒッコリーで2度のテストをして来た丸山は、順調な滑り出しで周回を重ねて行く。コーチにはこのサーキットの元レイトモデルシリーズチャンピオンであるマット・ピアシーがつき、走行中でも無線で的確な指示を送っていた。丸山も20周のスティントを5回行い、翌日の決勝へ向けての準備をした。

しかし、決勝当日。無情にもヒッコリー地方は朝から雨。予報でも午後から翌日まで雨は強まるとされ、主催者であるサーキット側は早々に開催中止を決定した。

丸山晄一郎
「悲願のレース参戦だったため、非常に残念です。多くのスポンサーやファンに応援をして頂いての参戦だったので、大変申し訳なく思っています。ただ、天候には勝てません。これで諦めるわけではなく、仕切り直しをして近々に再チャレンジをしたいと思っています。応援ありがとうございました。」