清成龍一、2016年度の参戦体制発表。スズキへ移籍

Published On 11/30/2015 | 2 Wheels, Ryuichi Kiyonari, Speed of Japan News

Kiyo 2016 Announcement

過去にブリティッシュスーパーバイク選手権(BSB)に9年間参戦をし、3度のシリーズチャンピオン、シリーズ通算50勝を獲得している清成龍一は、2016年度もBSBにフル参戦。Bennetts Suzuki(Halsall Racing)に移籍することも併せて発表させていただきます。

Halsall Racing(チームオーナー、Martin Halsall)は2013年に発足したチームですが、2015年からスズキの「ファクトリー」チーム、Bennetts Suzukiとなり、スズキUKのフルサポートを受けるオフィシャルチームです。

Bennetts Suzukiとなってから参戦2年目となる2016年は清成龍一に加え、トミー・ブライドウェルを迎え、この2名でタイトル獲得を目指します。

清成にとってはBSB参戦10年目となるこの年に、スズキへ移籍。シリーズタイトル獲得最多タイとなる4度目のシリーズチャンピオンを目指します。

2016ブリティッシュスーパーバイク選手権は2016年4月8日にシルバーストーンで開幕。10月16日にブランズハッチで開催される最終戦まで全12戦26レースで戦われます。

清成龍一
「BSBは自分にとって、どのシリーズよりも一番長く参戦したシリーズなので、来季も継続して参戦できることになり、大変喜んでいます。スズキへ移籍することになったわけですが、今年の8耐でGSX-R1000を乗っていて、とてもいいバイクです。Bennetts Suzukiで参戦できることもとても喜ばしく、とてもいいチームですし、ファクトーサポートで来季は4度目のタイトル獲得に自信を持って挑めます。」

マーチン・ハルセール、チームオーナー
「清成とトミーの2名の最強ライダーで来季は戦えることになり、常にトップ争いができるチームになりました。来季はスズキGSX-R1000で戦う2年目になりますが、1年目に多くの貴重なデータを習得できました。2016年の目標は高く設定しています。まずは両ライダーをショーダウンに進出させ、最終戦はシリーズタイトルを狙える位置で迎えたいと思います。」