野田英樹、2012年スーパーGTに一時復帰決定!

Published On 03/20/2012 | 4 Wheels, Hideki Noda, Speed of Japan News

~プロジェクト・ロイヤルオーク公式プレスリリースより〜

alms_noda_cac00162010年度、世界3大レース「ルマン24時間耐久レース」を最後に現役引退をした野田英樹がスーパーGTにヒトツヤマレーシングよりAUDI R8 LMS GT3のステアリングを握り、現役復帰することが正式に決定しましたので、ここにお知らせします。

野田は現役引退後、若手育成の目的でNODAレーシングアカデミー高等学院(ウェブサイト: http://www.noda-racing-academy.org)を栃木県茂木町に開校するために準備を進めてまいりました。ようやくその一部が4月にスタートいたします。

またそれとほぼ同時にヒトツヤマレーシングからのラブコールを頂く形で2年ぶりの現役復帰が決定しました。GTマシンのドライブは2005年以来でマシンは現在注目を集めておりますFIA GT3車両のAUDI R8 LMSになります。

マシン名 T.B.A.  Audi R8 LMS
1st ドライバー 野田英樹
2nd ドライバー Michael Kim (USA)/Frank Yu(Hong Kong)
メンテナンス ムーンクラフト
タイヤメーカー 横浜ゴム (ADVAN)

■野田英樹
「現役引退してからのここ1年半の間はNRA開校に向けて全力を尽くしてきました。それがようやく形になろうとしております。この学校から将来素晴らしい生徒が誕生する事を楽しみに日々努力しております。

そしてこの度2006,2007年に全日本スポーツカー選手権で共に戦いチャンピオンを獲得した古巣ヒトツヤマレーシングからラブコールを頂き、現役一時復帰をする決断をしました。これは過去に素晴らしい関係を築けたチームだったからこそ決断できたものと感じております。暫くのブランクがあるので、直ぐに100%の力が発揮できるか不安な面もございますが、少しでもチームに貢献できるように「The Spirit of Challenge」の精神で走ります。またチームメイトを引っ張っていくと言う立場でも、今後の学校での活動と重なる部分もありますので良い経験になると思います。最後にファンメール等で日頃復帰を望んで頂いておりました皆さま方の熱いメッセージも今回の復帰する決断に繋がった事も合わせてご報告させて頂きます」