清成龍一、4度目のBSBタイトル獲得を目指し、ショーダウン突入

Published On 09/18/2014 | 2 Wheels, Ryuichi Kiyonari, Speed of Japan News

140907DR1018

 

今季、BMWに移籍をし、ブリティッシュスーパーバイク選手権(BSB)に参戦をしている清成龍一。シーズンも残り3戦7レースを残し、現在ランキング3位とBSB史上最多となる4度目のタイトル獲得を目指し、「ショーダウン」に突入した。

「ショーダウン」はBSBが2010年に導入した独自の採点システム。シリーズ第9戦終了時点でのランキング上位6名全員に500ポイントが与えられ、これにそれまでの表彰台ポイント(1位 5ポイント、2位 3ポイント、3位 1ポイント)が加えられ、実質的にこの6名のみがタイトル争いの権利が残るシステム。

「ショーダウン」が導入される前は、シーズンの残り2~3戦を残し、その年のチャンピオンが決まっていた。そのチャンピオンは残りのレースに出場せず、ワールドスーパーバイクなどにスポット参戦をしてしまうため、チャンピオン決定後のレースは消化試合になってしまい、観客も激減していた。それを阻止するために「ショーダウン」が導入されたと言われている。「ショーダウン」導入後は最終戦の最終レースまでチャンピオンが決まることがなくなり、観客数も増加している。

このシステムにより、清成は現在535ポイントのランキング3位。3戦7レースを残し、ランキングトップのシェーン・バーン(Kawasaki)とは27ポイント差。ランキング2位のジョッシュ・ブルックス(Yamaha)とは1ポイント差となった。ちなみに、清成が最後にBSBタイトル獲得した2010年はランキング3位で「ショーダウン」に入り、最終戦を3連勝し、大逆転でシリーズタイトルを獲得していた。

清成は同選手権で最多タイとなる3度のシリーズタイトルを獲得。歴代2位となる通算49勝を上げている。

2014 MCE Insurance ブリティッシュスーパーバイク選手権第10戦は9月19日〜21日、オランダ・TTアッセンで開催されます。
清成龍一
「残ったレースのすべてで全力を出し切るしかないと思っています。チャンピオンを獲りたいです。ここ数年は結果が残せなかったですが、今はマシンにもチームにも満足しています。前戦のドニントンパークではすべてが上手くいきました。自信もつきました。ただシェーキー(シェーン・バーン)とジョッシュ(ブルックス)はとても速いライダーたちなので、油断しないで頑張ります」

MCE Insurance British Superbike Championship Point Ranking
(第9戦終了時)

1. Shane Byrne (Rapid Solicitors Kawasaki) 562
2. Josh Brookes (Milwaukee Yamaha) 536
3. Ryuichi Kiyonari (Buildbase BMW Motorrad) 535
4. Tommy Bridewell (Milwaukee Yamaha) 508
5. Chris Walker (Lloyds British GBmoto Racing Kawasaki) 505
6. Dan Linfoot (Quattro Plant Kawasaki) 501

photo by doublered

Comments are closed.