ピレリ、今季もSBKに単独供給

Published On 02/12/2010 | Partners News

〜Pirelli Japan公式メディアリリースより〜

2010年シーズン開幕間近!今年もピレリはスーパーバイク世界選手権シリーズにタイヤを単独供給いたします!

2月に入り、いよいよ開幕戦まで約2週間となったFIMスーパーバイク世界選手権シリーズ。今季もピレリはこのシリーズの全クラスにタイヤを単独供給いたします。2輪市販車最高峰のこのシリーズにタイヤを供給し、それで得られたデータは市販タイヤの開発に応用され、ハイパフォーマンスとしてピレリタイヤは確立されました。

今季のスーパーバイク世界選手権シリーズは全13戦、26レース。ワールドスーパーバイククラス(WSB)に16チーム26名のライダー、ワールドスーパースポーツクラス(WSS)に12チーム21名のライダーがエントリーしております。参加メーカーも両クラスで7メーカーがマシンの供給をしており、2輪レースで最も多い参戦メーカー数を誇っております。この2クラス以外にもワールド・スーパーストックの1000ccクラスと600ccクラスに多くのエントリーを予定しております。

チーム体制では今季は大きな変化が見られ、まず昨季シリーズタイトルを獲得したベン・スピーズ(Yamaha)がMotoGPに移籍、そのシートを2004年と2007年の同シリーズチャンピオンであるジェームス・トースランド(Yamaha)がMotoGPからカムバック。Aprilia Racingでは引退した中野真矢の穴を昨季のイギリス選手権覇者であるレオン・カミエ(Aprilia)が埋めることになりました。Kawasaki World Superbike Racing Teamでは玉田誠(Honda)の代わりにクリス・バーミュレン(Kawasaki)が加入。昨季Yamahaに在籍したいたトム・サイクス(Kawasaki)もこのチームに加入。Ten Kate Hondaはジョナサン・レイ(Honda)を残し、昨年は怪我でシーズンを欠場したマックス・ノルヒルキナー(Honda)が加入。Alstare Suzukiはイギリス選手権からシルバン・ギントーリ(Suzuki)、そしてレオン・ハスラム(Suzuki)を起用とメーカー系チームで大きなシャッフルがされております。

プライベーター系チームでもTeam PederciniにAMAからロジャー・ヘイデン(Kawasaki)が加入しました。また、昨季まで全日本ロードレース選手権に参戦していたヨシムラ・スズキが今季は世界に挑戦と発表されました。アッセン、イモラ、そしてマニクールの3戦に出場する予定となっています。ライダーはアッセンとマニクールがWSB経験豊かな加賀山就臣(Suzuki)、イモラが世界初挑戦となる酒井大作(Suzuki)が出場する予定です。これは日本のファンにとっても楽しみがまた増えたことになりました。

日本人ライダーでは昨季惜しくももランキング2位でシーズンを終了した芳賀紀行(Ducati)がDucati Xerox Teamで継続参戦。通算41勝、106回の表彰台獲得を誇る芳賀は、今年も日本人初のWSBチャンピオンを目指します。玉田誠は4年ぶりにHondaに復帰。WSSの藤原克昭(Kawasaki)は昨季に続き、Kawasaki Motocard.comで参戦いたします。

昨季までWSBに参戦していた加賀山就臣(Suzuki)と清成龍一(Honda)はやはりピレリが単独供給をしているイギリススーパーバイク選手権に移籍いたしました。

ピレリ・ジャパンでは昨年同様、全戦でレースレポートをメディアの皆様に配信する予定でおります。何卒、FIMスーパーバイク世界選手権シリーズならびにピレリタイヤの取材を宜しくお願いいたします。

2010年FIMスーパーバイク世界選手権シリーズ
暫定レーススケジュール

Rd 決勝日 開催国 開催サーキット
1  2月28日 オーストラリア フィリップ・アイランド
2  3月28日 ポルトガル ポルティマオ
3  4月11日 スペイン バレンシア
4  4月25日 オランダ アッセン
5  5月9日 イタリア モンツァ
6  5月16日 南アフリカ キャラミ
7  5月31日 アメリカ ソルトレイクシティ
8  6月27日 サンマリノ ミサノ
9  7月11日 チェコ ブルノ
10 8月1日 イギリス シルバーストーン
11 9月5日 ドイツ ニュルブルクリンク
12 9月26日 イタリア イモラ
13 10月3日 フランス マニクール

Comments are closed.