In Speed We Trust

Speed of Japan Official Blog

清成を探して…..

April 25th, 2012
You Tubeを検索していたら、こんなビデオを見つけました。 舞台は2011年5月2日、オールトンパークでのBSB第2戦。清成を「ヒーロー」と呼ぶ、11歳の フィンレイ君。彼がこのレースに訪れ、清成に会えるまでのストーリーをビデオにしたものです.....

清成が丸刈りにした理由

May 25th, 2010
先週末、キャドウェルパークで開催されたBSB第4戦で清成が見事レース1で今季初優勝をした。 自分は所属選手のセッション後に電話して、状況を聞いているんだけど、選手によってすぐに出る人、中々出ない人とまちまち。清成はわりとすぐに出ない方かな?まぁ、この日も決勝レース2が終わるまで連絡が取れずにいた。 決勝レース2は残念なことにピットから出ていったアウトラップでマシンが壊れ、棄権した。でもやはり優勝したので、かなり喜んではいた。会話が終わり、レポートを書くかなんて思っていた。チームの広報サイトにアップされている画像のチェック。あるある、表彰台の真ん中にたつ清成。いいね、と思っていたら.....あれ?なんか雰囲気が違うな? 良くみると、なんと清成が丸刈りになっているではないか?外人ライダーは多いけど、日本人はあまりいない丸刈り。修行僧に見えて.... 翌日になると、いろんなメディアやうちの所属選手から、なんで丸刈りになったの?って問い合わせが。たしかに、なんでだろう?玉田や加賀山だったら、おれも真っ先にどうしたの?って聞いただろうけど、ここは清成。ちょっとしたことでは驚かないなんだよね。 でもどうしてだろう?子供が生まれたから?心機一転?優勝に向けての意気込み?まさか、出家?問い合わせが来る人たちにもそれぞれの予想があったりして、直接清成に聞いてみた。以下がその会話: C「丸刈りしたでしょう?」 清成「あ、しました」 C「なんでしたの?みんな気になっているよ?深い意味あるの?」 清成「切りたかったからです」 C「・・・・・・」 やっぱり清成は清成であった.....

BSB開幕戦-決勝

April 6th, 2010
レースウィークが4日間もあると長く感じますね。日曜日がイースター・サンデー(復活祭)だったため、月曜日も祝日だったんです。 決勝レース1はポールポジションからスタートした清成がホールショットを奪い、後半までレースをリード。しかし、終盤になり、2番手に落ち、そのままゴール。2位表彰台でした。優勝したのは加賀山のチームメイトのトミー・ヒル選手でした。清成が言うには、リードをしていた時はヒルを抑えるのが精一杯。抜かれてからはついて行くのが精一杯だったそうです。予選日のセッティングを変更したのが影響したようです。 このレースで凄い!と言うしかないのが加賀山。レースは12番手で終わったのですが、実はスタート直後にシフトペダルが外れ、外れた時に入っていた3速のままで最後まで走りきったんです。まぁ、ペダルがないんだから、ギアチェンジができるわけないんですが。。。普通のライダーだったら、ここでリタイアしてますよね?でもそこがユッキー。良く完走できたと思います。しかもポイントまで獲得したのは凄い!と言うしかないです。 決勝レース2は9番グリッドからスタートした加賀山が6番手に浮上。マシンの調子が良かったみたいです。前が逃げ出したので、それを追う体制に入ったら、最終コーナーでハイサイドしたとの事です。怪我はないようですが、足首が少し痛むと言ってました。 清成はスタートで出遅れ、さぁこれから挽回と言うところでマシントラブル。そのままリタイアとなりました。 BSB第2戦は4月16日〜18日、スラクストンにて開催されます。

清成がポールポジション!BSB開幕戦予選

April 5th, 2010
ブランズハッチ(インディコース)で行われたBSB開幕戦の予選で、清成龍一(HM PLANT HONDA)がポールポジションを獲得した。BSBでのポールはこれが8度目。 BSB開幕戦は3日目に入り、フリー走行4回目と予選が開催された。朝のフリー走行は寒さの中、ウェットコンディション。それでも清成はトップでこのセッションを終えた。ドライコンディションとなった予選。BSBの予選は3つのステージのノックダウン方式を採用。まず、Q1をトップで通過した清成は、Q2でも2番手と好調。Q3では45.565をマークし、ポールポジションを獲得した。ちなみに、予選用にとっておいた一番柔らかいタイヤは使用しなかった。 Speed

BSB開幕戦2日目

April 4th, 2010
BSB開幕戦2日目は気温は10度前後と肌寒い中、フリー走行が2回行われた。今週は変則的な4日間スケジュール。予選は明日、日曜日開催される。 清成と加賀山は順調にセットアップを続けた。清成はフリー走行2回目に46秒715で3番手、フリー3回目に46秒126で4番手。まだ、タイムロスをしているコーナーがひとつあるそうで、明日の午前中に開催されるフリー走行4回目でそのセットアップをし、午後の予選に挑む。 加賀山もまだ小さな問題点があるものの、フリー2回目に47秒058で7番手。フリー3回目には46秒187で6番手と順調にタイムを伸ばした。 予選方法だが、3ヒートに分けて行われる。第1ヒートは20分間で全ライダーが出場し、上位20名が第2ヒートへ進出。第2ヒートは12分間で、上位10名が第3ヒートへ。その第3ヒートは8分間で戦われる。今年からこの予選は決勝レース1のみに適応。決勝レース2のグリッド順は各ライダーのレース1でのベストラップで決まる。これは今年から始まった新レギュレーション。レース1で万一オープニングラップで転倒リタイアした場合、救済措置として、レース1のグリッドから8グリッド降格したグリッドでレース2をスタートできる。ややこしいけど、面白いかも。

BSB初日&全日本A.R.T.合同練習

April 3rd, 2010
いよいよBSBと全日本が開幕しましたね(全日本は正式には明日開幕だけど)。 今日は筑波もブランズハッチも天候が悪かったようです。全日本組の宮崎と菊池は明日と日曜日の予報が晴れのため、今日はほとんど走行せずでした。 BSB組では清成が8番手。ウェットコンディションでのセッションだったけど、雨は上がっていました。セッションの終盤にはコースも乾いて来て、スリックでタイムを出してくるライダーもいたけど、最終コーナーはまだ濡れていたとの事です。清成はスリックは最後まで履かず。いつくか問題点を解決しなくてはならないみたいです。 加賀山は最後までレインタイヤで11番手。調子はまずまずとのことです。 今回はブランズハッチですが、インディコースを使用。6つのコーナーしか使用せず、今日のコンディションでもトップタイムがわずか51秒台と言う短さ。抜き憎いコースらしいので、予選が重要。 明日は全日本は予選、BSBはフリー走行が2回行われる予定です。

今週のスケジュール

March 30th, 2010
今週はいよいよイギリススーパーバイク選手権と全日本ロードレース選手権の開幕です。全日本ロードレース選手権の決勝は現地からお伝えする予定です。 [BSB第1戦ブランズハッチ(インディコース)] 出場選手: 加賀山就臣、清成龍一 (時間はすべて日本時間) 4月2日(金) 【プラクティス1】23:00〜24:00 4月3日(土) 【プラクティス2】19:40〜20:20 【プラクティス3】23:00〜23:40 4月4日(日) 【プラクティス4】18:00〜18:50 【予選1】23:00〜23:20 【予選2】23:28〜23:40 【予選3】23:48〜23:56 4月5日(月) 【ウォームアップ】17:20〜17:35 【レース1/30LAPS】21:15〜 【レース2/30LAPS】24:20〜 ------------------------------------------------------------------------ [全日本ロードレース第1戦筑波] 出場選手:

In Speed We Trust

Speed of Japan Official Blog